いだてんのあらすじ第10話です。韋駄天(いだてん)達はついにストックホルムへ到着した。開会まで後一月半。異国の地での最終準備が始まる!しかし、その重圧に短距離のいだてん弥彦の様子が・・・!大河ドラマいだてんのあらすじ第10話

いだてんのあらすじ第10話上巻~練習開始!~

四三はスウェーデン人ガイドのダニエルの案内でマラソンコースの下見など精力的に動く。日本はアジア初のオリムピック参加国である事に加え世界に衝撃を与えた「日露戦争」の記憶もまだ新しい時期という事もあり日本代表の注目度は高かった。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんの感想第10話「真夏の夜の夢」

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役について!

→ラザロと金栗四三運命の分かれ道

→大森安仁子とは?夫大森兵蔵との出会いと純愛

→嘉納治五郎と勝海舟の関係

初出場

四三が「世界記録」を出した事も影響したかもしれない。日本代表の注目度は想像以上に高く、各国の新聞記者から取材攻勢を受ける。




また、日本と同じ初出場のポルトガルも注目されていた。四三は同じくマラソンに出場予定となっているポルトガルのF・ラザロは



「勝利か死か」



と、取材に答えていた。F・ラザロはポルトガルのマラソン大会では何度も優勝していると選手である。四三はライバルの覚悟を知り、決意を新たにする。




嘉納治五郎は未だストックホルムには来ていなかった。四三はストックホルムへ到着したことや、翌日から練習開始する旨手紙を出す。




練習中は度々世界各国の選手達の様子を見る事も多い。複数の代表を送り込んでいる西欧諸国はお互いアドバイスをし合いながら調整や練習を行っている。




日本選手団は二人であり、しかも三島弥彦は短距離であるためお互い競技も異なる。各国の練習風景を少々羨ましくも感じる。

足袋

あくる日、四三は思いがけずF・ラザロから声をかけられる。同じ初出場である事や四三が世界記録を出していた事も関係があったかもしれない。




ラザロは四三が履いている足袋に興味を示していた。




四三は身振り手振りと慣れない英語でこれは、



「大工」


が、履くものであると伝える。ラザロも車体工場で大工をしていた事もあり、またその脅威的な脚力を通勤で鍛えた事を知ると二人は意気投合する。




四三は足袋を一足プレゼントするのだが、たちまち、四三の足袋は各国のマラソン選手の間で評判になり自分達にも譲って欲しいとせがまれる事になる。電報でハリマヤ店主の黒坂に足袋を追加で送ってくれるよう頼むのであった。




いだてんのあらすじ第10話はまだまだ続きます。日の丸背負うのは重い・・・!

いだてんのあらすじ第10話中巻~重圧~

大森はストックホルムへ到着してからというものの、部屋から殆ど出てこない状態が続いていた。さらに、弥彦も部屋へ籠る事が多く、というか、出てこなくなってしまった。

スポンサードリンク



弥彦病む

「日本に取って最初で最後のオリムピック参加になる」



四三は絶望的な気持ちで未だストックホルムへ現れない嘉納治五郎に手紙を書いていた。大森兵蔵はストックホルムについてから部屋から出る事はなく、さらに弥彦までもが練習に現れなくなったのだ。



「気が滅入るのだよ・・・」



四三が心配して弥彦の部屋を訪ねると、その部屋はカーテンが閉め切ってあり、クローゼットの中に籠っていた。白夜に耐え兼ねての事だと言う。




また、練習を開始してみて欧米諸国と自分とのあまりの落差にショックを受けていた。




日本では「天狗倶楽部」の中心メンバーであり、向かうところ敵なしであったが、欧米との差は想像以上だったのだ。




また、「世界記録保持者」として注目される四三の存在も弥彦を悩ました。自分と関わると疫病神が四三にも憑りついてしまうと言う有様である。

病人二人

四三は弥彦の様子がただ事でないと、監督の大森兵蔵に事に次第を伝えようとする。




妻の安仁子に大森は病と止められるが、今回は引き下がる訳にはいかない。




すると、四三の想像以上やせ衰え苦しそうに咳込む大森兵蔵の姿に愕然とする。




その時、弥彦の部屋に異変を感じて部屋へ入ると弥彦は虚ろな瞳で今にも窓枠から飛び降りそうであった。




なんとか弥彦を部屋へと連れ戻し、勝ち負けの前にオリムピック参加は、



「歴史ある一歩」



であると、弥彦に言って聞かせるのであった。




以降、四三は弥彦の練習にも付き合うようになる。大森の練習メニューを二人でこなすのだ。




また、大森も病状が多少小康を得るようになり、体調の良い時はグランドに現れるようになる。弥彦もノイローゼも随分と良くなる。




いだてんのあらすじ第10話もいよいよ最後の段。ようやく嘉納治五郎が到着!

いだてんのあらすじ第10話下巻~嘉納治五郎到着!~

ストックホルムは夏至を迎える。スウェーデン人は「夏至祭」で大いに飲んで騒ぐのだが、ただでさえ「白夜」と初の「オリムピック出場の重圧」に苦しむ四三達にとっては悪夢である。

国名表記

四三はホテル中がお祭り騒ぎである事に流石に耐えかねて、病人もいる事だしお静かにと文句を言いに行くが、既に出来上がった人々にはなんの効果も無かった。




さらに、四三と弥彦は日本人なら日本の歌を聞かせて欲しいとせがまれる。




もはや、断る事が出来ない雰囲気でもあり二人は君が代を唄い出す。




お祭り騒ぎの人々は二人の声に聞き惚れる。



「このような大歓迎を受けるとは!!(拍手!)」



懐かしい声の方向に視線を移すとそこにはようやくストックホルムに到着した嘉納治五郎が上機嫌で拍手をしていた。嘉納は大森が執筆したオリンピック式陸上運動競技法の製本版、また黒坂から渡された足袋も持って来ていた。




オリムピック開会式間近でメンバーが揃う事になる。




その開会式を前に入場行進に使う国名表記について問合せが入る。



「JAPAN」



大森は当然「アルファベットでジャパン表記」と言う。嘉納もそれで行こうと賛意を示すが・・・。



「そいはおかしか事です」



四三は大森の意見に異を唱える。自分は「ジャパン人」ではなく「日本人」であると。




大森は「日本」などと書いても世界各国の人には伝わらず、伝わらないプラカードでは意味がないと反論する。




四三と大森夫妻、さらに弥彦も加え意見の応酬が始まってしまう。



嘉納はその様子に戸惑うのであった。




以上、いだてんのあらすじ第10話でございます。




今宵は此処までに致します。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんの感想第10話「真夏の夜の夢」

→いだてんのあらすじ第11話~開幕~

→大森安仁子とは?夫大森兵蔵との出会いと純愛

→ラザロと金栗四三運命の分かれ道

→嘉納治五郎と勝海舟の関係

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役について!