「翔ぶが如くあらすじ感想」の記事一覧

翔ぶが如くのあらすじと感想第44話「士族暴発」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第44話「士族暴発」。新政府は近代化を急ぐ。旧支配層であった士族の経済的特権を「秩禄処分」で奪い、さらに「廃刀令」で武士の魂と言える「刀」を奪った。士族はついに各地で暴発するが・・・。西郷はまだ動かない。翔ぶが如くのあらすじと感想第44話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第43話「それぞれの薩摩」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第43話「それぞれの薩摩」。佐賀の乱の苛烈な処分にも関わらず、士族の不満が収まる気配はなく西郷の存在感は益々高まる。大久保は不満を逸らす意味もあり台湾出兵を計画。そこへ村田新八が西郷・大久保の対立を心配し急遽帰国するが・・・?翔ぶが如くのあらすじと感想第43話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第42話「佐賀の乱」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第42話「佐賀の乱」。佐賀士族の反乱。江藤は佐賀城を奪うが、大久保はこの乱の鎮圧に不退転の決意で挑む。一方世間は鹿児島の大西郷の動きを固唾を飲んで見守っているが・・・?明治編を引っ張って来た江藤新平の最期!翔ぶが如くのあらすじと感想第42話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第41話「東京政府孤立」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第41話「東京政府孤立」。西郷下野と鹿児島への帰国は新政府に不満を持つ者からは大いに歓迎された。また、桐野や篠原など軍だけではなく六百名の役人が政府を去る。まさに、日本から東京政府が孤立の様相を見せていた。翔ぶが如くのあらすじと感想第41話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第40話「西郷、野に下る」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第40話「西郷、野に下る」。右大臣岩倉が病気を理由に辞職、そして三条公もまた「遣韓大使問題」における心労が祟り意識不明の重篤な状況に陥る。一方、これを「最後の好機」と考えた伊藤博文。大久保に参議への復帰を頼みこむのだが・・・?

翔ぶが如くのあらすじと感想第39話「両雄対決」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第39話「両雄対決」。明治6年(1873年)10月14日。西郷隆盛の朝鮮国派遣について廟議が開かれる。西郷は既に「廟議決定」を経ていると言うが、参議に復帰した大久保はこれは「時期尚早」であると反対する。ついに両雄は廟議の場で対決をする事に。翔ぶが如くのあらすじと感想第39話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第38話「大久保の決断」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第38話「大久保の決断」。西郷の本意をよそに征韓論は多分に「政局的」な様相と呈する。帰国した伊藤博文は大久保に参議への就任、そして、西郷の「遣韓大使としての渡韓」を思い留まるように説得するが、大久保は各方面からの参議就任依頼を固辞していたが・・・?翔ぶが如くのあらすじと感想第38話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第36話「破裂弾中の昼寝」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第36話「破裂弾中の昼寝」。明治5年春、西郷は明治天皇に従い鹿児島へと帰国する。久光は廃藩置県等新政府の政策には批判的であり、西郷もまた明治天皇の「臣下」として帰国している以上久光とは面会をしなかった。一方東京では江藤による「陸軍省公金横領事件」の調査が終りに近づいていた。翔ぶが如くのあらすじと感想第36話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第35話「留守政府分裂」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第35話「留守政府分裂」。明治維新期の明治4年(1871年)11月12日総勢46名からなる岩倉使節団は米国へ出発。使節団の目的は条約改正の本交渉の条件づくりのため列強の制度文物の調査し、その条件が整うまで、交渉を延期する旨を伝える事であった。使節団は最初の訪問国である米国で大歓迎を受けるが・・・。翔ぶが如くのあらすじと感想第35話!

ページの先頭へ