「西郷どんの人物」の記事一覧

孝明天皇は毒殺された?岩倉具視が暗殺の犯人? 

西郷どんの人物

孝明天皇は二度暗殺された?慶応2年(1867年)12月、天然痘により36歳で崩御。当時から岩倉具視等による暗殺・砒素による毒殺説など、その突然すぎる「死」には謀略の影が噂されてきました。確かに「孝明天皇の死」は倒幕派にとっては「僥倖」であり、幕府にとっては「痛恨事」。孝明天皇の毒殺・暗殺を疑われる岩倉具視とその背景について。

大久保利通とおゆう!京で大久保を支えたおゆうと「錦の御旗」

西郷どんの人物

おゆうについて。大久保利通の妻というと薩摩の苦しい時代を支えた妻満寿が良く知られています。しかし、大久保利通にはもう一人の妻(妾)がおりました。その女性こそおゆう。京での活動を物心両面で支えた大久保利通のもう一人の妻おゆうと「錦の御旗」の関係について。

中川宮と一橋慶喜!岩倉具視との対照的な運命

西郷どんの人物

中川宮朝彦親王。通称「中川宮」として良く知られており所謂「八月十八日の政変」の中心人物でもあります。孝明天皇の信頼、「将軍継嗣問題」では一橋慶喜を推していた事や公武合体を推進した事など、岩倉具視と共通点もあるにも関わらず、その運命は対照的です。中川宮と一橋慶喜、そして岩倉具視との対照的な運命。

岩倉具視と孝明天皇の関係について

西郷どんの人物

岩倉具視。維新十傑の1人で「岩倉使節団」の団長や「五百円札」に描かれていた事で良く知られています。岩倉は身分の高い公家の出ではありませんでしたが、その才覚で孝明天皇の信頼を得て幕末の重要人物、そして明治新政府の要職を歴任。そのきっかけとも言える岩倉具視と孝明天皇の関係について。

中山尚之助、久光への忠義と西郷との関係

西郷どんの人物

中山尚之助について。小松帯刀、大久保利通(一蔵)、伊地知貞馨(堀次郎)と共に「久光四天王」として表舞台に登場。抜擢された当初は上士階層であった事もあり、四天王筆頭ともいってよい立ち位置におりました。大久保も当初は中山尚之助と協力し西郷の帰参を願うなど良好な関係でしたが・・・!西郷の運命を左右した中山尚之助について。

西郷どんのキャスト歌橋について!大奥裏ボス!?

西郷どんの人物

歌橋は大奥の裏ボス!?西郷どんのキャスト紹介「歌橋」について。西郷どんの第12話で家定生母の本寿院と同時に登場。キャストは猫背椿さん。歌橋は家定の乳母を務めておりますが、大奥では本寿院以上の権勢を誇ったとも・・・。大奥の裏ボス歌橋とその権勢の理由について。

西郷どんの慶福と子役さんについて

西郷どんの人物

紀州徳川慶福(よしとみ)。後に「南紀派」と言われる井伊直弼等が推すのがこの慶福(よしとみ)です。後に第14代将軍徳川家茂となります。慶福にはある「力」があったのですが・・・!そして、演じているのは荒木飛羽君ですね。イケメン俳優の子役時代のキャストが多い荒木飛羽君と慶福が「強い」理由について。

虎寿丸の子役キャストと斉彬の子供達について! 

西郷どんの人物

愛らしい姿が際立つ虎寿丸。虎寿丸を演じる子役は藤本悠希君です。この虎寿丸君は僅か5歳で亡くなってしまいますが、他も寛之助や哲丸、斉彬の子供達を次々と襲う不幸・・・。また、斉彬の子供達は否応なしに「お家騒動」のきっかけに・・・。虎寿丸はじめ斉彬の子供達が夭折してしまう理由は?

ページの先頭へ