「西郷どん」の記事一覧(2 / 13ページ目)

西郷どんのあらすじ第44話~佐賀の乱~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第44話です。西郷は鹿児島へと帰る。故郷鹿児島の地で大地と共に生きる決意であった。しかし、維新第一の功臣で日本唯一の陸軍大将でもある西郷の存在はまさに「人間磁石」である。西郷の元へ続々と人が集まりつつあった。大河ドラマ西郷どんのあらすじ第44話!

西郷どんのあらすじ第43話~西郷下野~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第43話です。一度は決定された「遣韓大使問題」を巡り廟議は紛糾する。此処には留守政府と洋行組、薩長と土肥の藩閥の対立が複雑に絡みより収拾が難しくなっていた。その最中太政大臣を務める三条公が心労で倒れるが・・・?大河ドラマ西郷どんのあらすじ第43話!

西郷どんのあらすじ第42話~遣韓大使志願~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第42話です。岩倉使節団出発から1年。大久保からの手紙には各地で歓待を受けはしたが条約改正については相手にされなかったこと、欧米の近代化は想像以上でとても一朝一夕に追いつける代物ではない事など記載されていた。そして、日本からは菊次郎が洋行へ出発しようとしていた。大河ドラマ西郷どんのあらすじ第42話!

西郷どんのあらすじ第40話~苦難の廃藩置県~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第40話です。明治3年12月。勅使岩倉とそしてその随員大久保が鹿児島へ下向。維新第一の功臣「西郷隆盛」と島津久光に上京を促し新政府に加わるように説得するためである。しかし、真の目的は日本を揺るがすある「政策」の実行するためには西郷の存在が不可欠だからである。大河ドラマ西郷どんのあらすじ第40話!

西郷どんのあらすじ第39話~揺れる新政府~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第39話です。明治37年(1904年)10月。京都市役所は新たな市長の到着を心待ちにしていた。新市長は義足の脚で市庁舎へと入って来る。前市長は直立不動でその義足の男に頭を下げた。その男の名前は西後菊次郎。あの西郷隆盛の「次男」である。大河ドラマ西郷どんのあらすじ第39話!

西郷どんの感想第37話「江戸無血開城」

西郷どん感想

西郷どんの感想第37話「江戸無血開城」。放送休止となってしまった西郷どんですが動画で37話を観ました!今回分かりました。私はひー様が好き。それと、ふきどん。ふきどん悪く言ってゴメンね。正直、ちょっと可哀想だったと思います・・・。あと幾島・・・!今世も労咳か!?大河ドラマ西郷どんの感想第37話始めます!

西郷どんのあらすじ第38話~兄の死~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第38話です。勝と西郷の尽力で江戸総攻めは中止となたが「戦う機会」を奪われた侍の怒りを止める事は出来なかった。また、江戸の民は「官軍」の存在を快く思っていない。ついに彰義隊は決起。続々と上野に集結。上野戦争が始まる。西郷どんのあらすじ第38話!

西郷どんのあらすじ第37話~江戸無血開城~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじの第37話です。西郷は江戸城で篤姫と再会する。「徳川の女主人」篤姫は慶喜と自分の命でこの戦を終わらせるように頼む。しかし、西郷は受け入れない。12年の歳月は二人の間にも大きな溝を作っていた。篤姫は徳川の女主人として断固戦う覚悟を示すが・・・?西郷どんのあらすじ第37話!

ページの先頭へ