「西郷どん」の記事一覧(2 / 4ページ目)

西郷どんの感想第3話「子どもは国の宝」

西郷どん感想

西郷どんの感想第3話「子どもは国の宝」。生活が苦しい西郷家の親子喧嘩は笑えますが、薩摩藩の伝統芸「凄惨極まるお家騒動」は笑えません。そして、後に西郷と運命を共にする中村半次郎も登場。今回は吉之助と調所広郷の人柄が現れたお話しでしたね。西郷どん感想第3話始めます!

西郷どん中村半次郎と子役さんについて

西郷どんの人物

西郷どんの子役キャストで半次郎を演じるのは中村瑠輝人さん。半次郎はこの頃は本当に貧しかったのですが、身分は「城下士」です。後に「四大人斬り」とも言われ恐れられたも言われる中村半次郎。貧乏の理由や「人斬り半次郎伝説」そして子役キャスト中村瑠輝人さんについても。

西郷どんのキャスト本寿院は30年振り大河出演?

西郷どんの人物

西郷どんのキャスト本寿院について。将軍家定の生母を演じるのはもしかしたら泉ピン子さんではないかと。先日、家定を演じるピースの又吉さんのインタビューで、「それらしき」事を語っていました。もし、西郷どんで本寿院を演じるのが泉ピン子さんなら凄い久々の大河ドラマです。

西郷どんの感想第2話「立派なお侍」

西郷どん感想

西郷どんの感想第2話「立派なお侍」。西郷どんは第2話から大人編ですね。そして、明治維新影の功労者調所広郷も登場!あの「隠し田」の件は政次がいれば思いました。「南朝の皇子が・・・」と上手く誤魔化せたんですが・・・!西郷どん感想第2話始めます!

調所広郷の改革とは?「蘭癖」重豪に見いだされた皮肉

西郷どんの人物

調所広郷とその改革について。500万両と言われる借金を抱えて財政破綻状態にあった薩摩。その薩摩を「立て直し」明治維新の礎を創ったとも言われる調所広郷です。彼には何故改革が可能だったのか?そのヒントは「重豪の蘭癖」にある。「蘭癖の重豪」に見いだされ「蘭癖の斉彬」に追い詰められる。「蘭癖により活き、蘭癖により死ぬ」その運命の皮肉。

お由羅騒動の原点は「近思録崩れ」にあり。苛烈な薩摩の風土がもたらした悲劇

西郷どん雑談

お由羅騒動(高崎崩れ)について。世に有名な事件であり、西郷・大久保には多大な影響を与えます。「お家騒動」事態は何処の家でもあるのですが、薩摩のそれは度を越している・・・。その「理由」とお由羅騒動以上の犠牲者を出したお由羅騒動の原点とも言える「近思録崩れ」とは?

西郷どんの感想第1話「薩摩のやっせんぼ」

西郷どん感想

西郷どんの感想第1話「薩摩のやっせんぼ」です。冒頭は上野公園の西郷どんの序幕式からでしたね。「違う」と言った糸の言葉が印象的でした。その理由は西郷どん銅像の顔形ではないと思います。そして・・・!斉興、斉彬、久光・・・!これは期待できそうです。特に久光!西郷どん感想第1話始めます!

西郷どんのあらすじ第17話~吉之助と月照薩摩へ。冬の錦江湾~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじの第17話です。安政の大獄が始まる。その追及は苛烈を極める。吉之助は月照を伴い薩摩へ辿り着く。薩摩では久光が亡き斉昭の意思を継ごうとするが、前藩主で父もある斉興が立ちはだかる。西郷と月照に危機が迫る!西郷どんあらすじ第17話!

西郷どんのあらすじ第16話~安政の大獄の始まり~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじの第16話です。斉彬の訃報に衝撃を受ける吉之助。しかし、吉之助は諦めない。江戸へ下り水戸徳川斉昭に斉彬の代わりに立ってもらおうとする。一方井伊直弼は一橋派への弾圧を始める。世に言う「安政の大嶽」が始まろうとしていた。衝撃の西郷どんあらすじ第16話!

西郷どんのあらすじ第15話~南紀派の逆転!起死回生斉彬の卒兵上京計画~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじの第15話です。慶喜がやる気を出し、家定は将軍継嗣に慶喜を指名。さらに、南紀派(慶福派)を封じるため、御上の詔を得る事にも成功します。これで勝てるはず!しかし、井伊の大老就任、将軍家定薨去、そして斉彬にも病魔が・・・。衝撃の西郷どんあらすじ第15話!

ページの先頭へ