「西郷どん」の記事一覧(2 / 13ページ目)

西郷どんの感想第39話「父、西郷隆盛」

西郷どん感想

西郷どんの感想第39話「父、西郷隆盛」。時は進んで明治37年(1904年)。菊次郎の登場に・・・「吉之助さぁ!?」と思った人は私です・・・!明治編からは「菊次郎」が父西郷隆盛を回想するテイで描かれるんですね。さて、菊次郎は女の戦をどう見たかな?大河ドラマ西郷どんの感想第39話始めます!

横山安武と西郷隆盛の関係!

西郷どんの人物

西郷隆盛と横山安武の関係について。西郷は横山安武に大きな期待をしていた。その事は後に西郷が横山の葬儀の幟や後に建立された横山安武の碑文に筆を取っている事からも分かります。西郷隆盛と横山安武「時弊十ヶ条」の諫言について。

西郷どんのあらすじ第44話~佐賀の乱~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第44話です。西郷は鹿児島へと帰る。故郷鹿児島の地で大地と共に生きる決意であった。しかし、維新第一の功臣で日本唯一の陸軍大将でもある西郷の存在はまさに「人間磁石」である。西郷の元へ続々と人が集まりつつあった。大河ドラマ西郷どんのあらすじ第44話!

西郷どんのあらすじ第43話~西郷下野~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第43話です。一度は決定された「遣韓大使問題」を巡り廟議は紛糾する。此処には留守政府と洋行組、薩長と土肥の藩閥の対立が複雑に絡みより収拾が難しくなっていた。その最中太政大臣を務める三条公が心労で倒れるが・・・?大河ドラマ西郷どんのあらすじ第43話!

西郷どんのあらすじ第42話~遣韓大使志願~

西郷どんあらすじ

西郷どんのあらすじ第42話です。岩倉使節団出発から1年。大久保からの手紙には各地で歓待を受けはしたが条約改正については相手にされなかったこと、欧米の近代化は想像以上でとても一朝一夕に追いつける代物ではない事など記載されていた。そして、日本からは菊次郎が洋行へ出発しようとしていた。大河ドラマ西郷どんのあらすじ第42話!

ページの先頭へ